かゆみ肌には、龍涎香でお手当?!

かゆみ肌には、龍涎香でお手当?! 龍涎香

花粉症・黄砂による影響や、乾燥などによって、肌に痒みを感じたこと‥‥皆さん少なからず経験があるかと思います。

そして、肌がかゆい時って無意識に掻いてしまい、更に肌荒れ悪化してしまった、なんてこともありますよね。

かゆみ肌

そうなる前に、花粉症状をやわらげる薬を服用したり。乾燥肌のお手入れの為に 保湿クリームを塗ったり、など何かしらの対処をされているはずです。

そこで今回オススメするのが、「龍涎香オイル」でお手入れです。
なぜ、龍涎香(りゅうぜんこう)が、かゆみ肌に良いのか?

今回は、動物性香料の「龍涎香」が持つ、私たちの身体へ心地よく寄り添い〜変化させるチカラに大注目をして、紐解いていきます
そして、『かゆみ肌のお手入れ』に本当に効果があるのか?!の検証実験レポも合わせて、龍涎香の持つ魅力と可能性をお届けします。

龍涎香オイルって何?

龍涎香(アンバーグリス)から抽出された、「アンバーグリス・チンクチャー」が配合されたオイルのことです。

龍涎香

バリバリーでは良質の龍涎香こだわって、熱を加えない非加熱製法じっくりと時間をかけて、成分&エネルギーを抽出する方法を用いています。

アンバーグリス・チンクチャーを使った、バリバリー製品は幾つか種類があります。
今回はその中でも、オイルベースで肌に塗布しやすいものを使って、肌の「かゆみケア」をしていく具体的な方法についてもお伝えします。(最後には、おすすめケア製品をご紹介しますので、お楽しみに♪)

合わせて読んでおきたいオススメ記事
知ると面白い!動物性香料の種類と活用例|注目したい動物性香料「龍涎香」
https://bariberry.jp/staff/learn-animal-fragrances/#toc5

龍涎香が、かゆみ肌に良い理由

では、龍涎香(アンバーグリス)が本当に “かゆみ肌” にいいのか?について、漢方や臨床家の観点から探っていきます。

龍涎香には漢方・中医学な効能があるのか?

漢方では、「龍涎香、または竜涎香」と表記されます。
漢方的な効能としては、以下の内容があるとされています。

《龍涎香の効能》
理気
(りき)
気を正常にめぐらせ、機能の停滞を解消する方法。
化痰
(かたん)
水液代謝の障害によって、体内で出来た病因である痰によって起こる、咳・痰・吐きけ・嘔吐・めまい等を除去する
開竅
(かいきょう)
五臓の状態が特定の器官に反映されやすいこと
肝は目、心は舌、脾は口唇肺は鼻腎は耳と二陰に それぞれ開竅する。竅(きょう)は穴を意味する。
通淋
(つうりん)
治淋(ちりん)淋証(※1)の治療。
頻尿、尿意逼迫(ひっぱく)、尿量が少ない、排尿時の出渋り、しずく状で排尿痛などの治療。

以上の効能があるので、漢方では咳嗽(※2)などの気逆(※3)や、胸腹部痛・排尿障害・意識障害などの治療に用いられてきました

[中医学用語の補足]

※1:淋証(りんしょう)
★ 頻尿、尿意逼迫、尿量が少ない、排尿時の刺痛などの症状をさす。
⇒ 病因は湿熱が膀胱に下注するか、あるいは脾胃が損なわれ、膀胱の気下(※4)が無力となる。

※2:咳嗽(がいそう・せき)
★ 肺系疾病に見られる主要な証候の一つ。
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/20_seki/

※3:気逆(きぎゃく)
★ 本来降りるべき気が、逆向きになる状態。
⇒ 肺・胃・肝でよくみられる。肺気上逆だと咳、胃気上逆だと嘔吐、肝気上逆だと頭痛やめまいなどが起こりやすい。
(気滞のエスカレートしたような状態。気の流れが停滞することで起こるトラブルの事。)

※4:気下(きか)
★ 気の働きの一つ。あえて物質を別の物質に変化させること。

[中医学用語の出典]
現代の食卓に生かす「食物性味表」 P161-191
改訂版第5刷(2012年11月1日)
編著者・発行所:日本中医食養学会

中医学で考える、花粉症と五臓の関係について

中国の “昔の文献” には、花粉症状については載っていません。
そのため、正気(免疫力・抵抗力などの低下)と、邪気(風邪+寒邪または、熱邪)からみていきましょう

■ 正気不足からみる花粉症になりやすい人

からだのバリアが弱い人
水分代謝が悪く、からだに余分な湿がたまっている人

■ 邪気と花粉症

・春に花粉症が多いのは、風邪(ふうじゃ)の影響を受けやすいから。

→ 他の邪気と くっつきやすい。
→ 動きが早く、毛穴をこじ開けて先導してやってくる。(※バリアも弱くなる)
陽邪なので、上半身にトラブルが起きやすい

以上のことから 花粉症状で注目したいのは、水分代謝に大きく関わる「脾・肺・腎」であることが、中医学では読みとくことができます。

五行陰陽図

[補足資料]花粉症状と五臓に関すること
「脾」と表裏関係にあるのは、胃。
他にも、口・くちびる・肌肉と関係がある。

◾︎ 脾の運化作用は、食べ物を消化・吸収・運搬をしており、ちゃんと働くことで、気・血・津液を作り出す
◾︎ 脾の働きは他にも、統血作用(血管外に血を漏らさない)や昇提作用(持ち上げる作用-ない人は朝起きれない等)がある。

「肺」と表裏関係にあるのは、大腸。
他にも、皮膚・鼻・産毛と関係がある。

◾︎ 肺は、全身の「気」の管理をしている。呼吸の他、気を全身にいきわたらせる宣発粛降によって、水分代謝とも大きく関わっている。(※気は津液と一緒に巡るので。)
◾︎ また、肺は嬌臓(もろい臓器)なので、外邪の影響も受けやすく、それによるトラブルも多い。

「腎」と表裏関係にあるのは、膀胱。
他にも、生殖器・肛門・・骨と関係がある。(※腰とも深い関係がある)

◾︎ 腎は、人間の一生にかかわる、生命の源であり、水分代謝や呼吸とも大きく関わっている。
◾︎ 「貯蔵」が仕事の腎のトラブルには、虚証が多いとされ、補うことで対応する。
◾︎ また、すべての陰・陽の源は腎陰・腎陽なので、久病はすべて腎に影響が出ると云われている。

[引用元]
おうち食医テキスト https://www.ouchisyokui.com
◉ ベーシックコース(平成26年3月)&アドバンスコース(平成27年3月)修了生:Naru

バリバリーの研究 ~臨床家の声~

バリバリーの龍涎香アイテムを実際に使用して頂いた、臨床家からは、次のようなフィードバックを頂いています。

  • 「性腺刺激ホルモンの活性化」と、「視床下部の緊張緩和」の効果が見られる。
  • 内臓がゆるむ。
  • 皮膚がゆるむ
  • 緊張感をとく
  • 異性の恐怖心などから、無意識に作ってしまう壁を取り払う。

他にも、ホメオパシーでは、以下のような時に使うそうです。

  • 早発性痴呆、神経衰弱、老年痴呆、精神神経症のときに。
  • 気おくれ、臆病な状態に。
  • 些細な原因で、震えたり、困惑したり、興奮したりするとき。
  • 迷走性の症状に。

これらの状態に、龍涎香レメディのamberが効果を発揮するとされています。

こうして昔ながらの活用法や研究、そして臨床からみていくと、龍涎香には肌に良いのはもちろん!様々な薬効がみられることが分かってきましたね♪

合わせて読んでおきたいオススメ記事
龍涎香犬を育てて、アンバーグリスハンターとして一攫千金?!|龍涎香の価値と希少性
https://bariberry.jp/staff/getting-money-ambergrishunter-with-ambergrisdog/#toc3

かゆみケアに効いた!龍涎香オイル体験談

ここからは、龍涎香オイルが実際に「肌のかゆみ」に効いた体験談をご紹介します。

花粉症の肌のかゆみに龍涎香

バリバリースタッフの万琴さんが、「お母さんのためのくじらオイル」を使った体験談です。

私は自己肯定感が低いところがありまして。
「(それなら)ハートチャクラがいいよ」とNaruさんのアドバイスでオイルを 少し手に馴染ませてから、ハートチャクラにつけてみたんです。

すると、じわわわ‥‥と体にしみ込んでくる感じがして、ポカポカしてくる体感!いい香りもして、体も緩まりました。
(n´ω`n)

ほかにも、私は花粉症がでて、鼻も・目もグシュグシュなのですが、顔にオイルを塗るとかゆみも落ち着いて、心も落ち着くんです。

苦しい季節のお供にもなるなと、嬉しくなりました♪😍

お母さんのためのくじらオイル

乾燥肌に龍涎香

お仕事で飛行機に乗ることが多いH様。長時間の飛行機は、肌の乾燥も気になるところ。
そんな彼女に、「幻の媚薬オイル(非加熱の香り)」と「お母さんのためのくじらオイル」を試して貰いました。

フライトに、このオイルさんだけで乗務したよ。✈️✨
肌は乾燥しなくて、香りもほのかにして、本当氣持ち良かった~。😍

ただアイラインとかが、やっぱりオイルだからはねちゃって、お化粧には向かなかった。当たり前か‥‥。笑😆

おうちではもったいないからあまり使ってないのだけど、たまに寝る前に顔に塗ると、本当に桜餅みたいな香りがすっごく深い癒しで、お肌もいい感じだよ!

皮膚が剥けてしまった痛い手にも、たまに氣持ちいいから、少し塗らせて貰ってる。ありがとう🙏💗💗💗

[お化粧前に使うときのワンポイント!]
H様がおっしゃるとおり、お化粧前にオイル系を塗ると‥‥どうしても水分系の化粧品を弾きやすくなってしまいます。

私(Naru)自身も、顔に龍涎香入りオイルをよく塗るので、お化粧する時は軽く化粧をする箇所をティッシュオフします。
そうすると(少しは弾きますが)オイルを塗ったそのままの状態でお化粧するよりは、アイラインや紅をひきやすくなりますよ♪

オイルの違いで、かゆみケアの速度が変わる?!

体験談からもみえてきた様に、バリバリーの「龍涎香オイル」シリーズには、肌の様々な痒みによる不快感を抑えて、かつ肌に潤いも与えることが分かってきました

そこで、私(Naru)は、自分自身を実験体にして約一ヶ月間の「龍涎香入りオイルで、かゆみケア」の検証を行ってみました!

と、その前に私自身の肌質について、説明しておきます。
私は、超敏感肌で・ヴィーガンな肌です。

もう少し具体的に言いますと、昔から一般大手メーカーの化粧品は、肌につけると直ぐに痒みが出る‥‥など合わず。

他にも、シルクは直接肌に触れずともコットン製の服の上から纏っても、身体に締め付けられるような圧迫感を感じて、身に付けられず。
ハチミツは舐めれば呼吸困難を起こし、毛で編まれたセーターやマフラーなども肌がチクチク痒みなどが出て、着ることが出来ません。

そんな私の特殊体質で、バリバリーの「龍涎香」は唯一 “動物性” であっても、肌が安心して受け容れられる “貴重な香料” なのです

バリバリーの龍涎香は、マッコウクジラから自然と排出されたモノが海流を漂い、浜辺へと打ち上げられたモノのみを取り扱っています。

そして、龍涎香のエネルギーについても、バリバリー基準で良質で・安全で・心地好いエネルギーの品質のみを選んでいます。


バリバリー龍涎香シリーズの特徴 こちらもご参照ください。
https://bariberry.jp/staff/getting-money-ambergrishunter-with-ambergrisdog/#toc11

なぜ、バリバリーの龍涎香だけが動物性であっても、アレルギー反応を起こさずに私の肌に使えるのか?
科学的な証拠はありませんが、私の感覚としてはバリバリーの龍涎香は、マッコウクジラ自身が苦しんで「龍涎香」を採取されているものでは無いと云うこと。

(私の体感覚からすると、一般的なシルク製品の多くは、絹糸を量産するためにお蚕さんが一生懸命に糸を吐き出した、そんなエネルギーも含まれている感覚もするのです。)

目には見えない世界かもしれませんが、実際に私の身体では確かに感じる感覚。頭で・経験値で判断しているのではなく、細胞が(合う・あわない)反応していること。
リトマス試験紙的な、私の体質。長年この体質と付き合ってくると、我ながら面白いなぁ~と思います。

龍涎香で、かゆみ肌ケア実験

と、前置きが長くなってしまいましたが。いよいよ一ヶ月行った実験検証がどんなものだったのか、お伝えしますね!

使うのは、龍涎香チンクチャーで作った自作の美容オイルです。
◾︎ 使い方⇒ 基本は朝と晩、洗顔後に顔+αへ塗る手順で活用。

龍涎香チンクチャー入り美容オイル

❶ 龍涎香入りオイルを「花粉症状で かゆい耳」に塗った日。

  • 外耳部分は 指先にオイルを一滴とり、それを塗ってのばす。
  • 内耳の部分には、綿棒に龍涎香入りのオイルを含ませて、痒い部分へ塗る。

龍涎香オイルでかゆみケア

塗ると、直ぐに痒みがスーッと治りました

痒み感を抑えてくれる持続性にも、ビックリ!
朝に1回塗った後も、半日~約一日程度:痒み感を抑えてくれて、快適に過ごすことが出来ました♪

❷ 椿油(龍涎香なし)を「花粉症状で かゆい耳」に塗ったとき。

かゆみ肌ケア実験:椿オイル編

龍涎香オイルを塗った時のような、痒みを抑えてくれる感覚はありませんでした。

椿油を塗った直後は、保湿されるので何とな〜く落ち着く気分がするのですが、割と直ぐに痒みがぶり返えして、かゆみによる不快感を抑えられずでした。

❸「花粉症状で かゆい鼻の中」に、龍涎香入りオイルを塗った日。

花粉症くしゃみ

耳に塗って、快適に過ごせた経験何度か繰り返し‥‥「これは、鼻の症状にもいいのでは?!」と思い、同じく綿棒に龍涎香オイルを染み込ませて、鼻の粘膜にまんべんなく塗ってみました。

すると、耳と同じくムズムズ痒みがスッと治まる!
しかも、朝塗ってそのまま過ごしていると、夕方くらいまでは確実に痒みが抑えられているのです♪

痒みが出ていなくても、外出前や朝の洗顔後などに鼻粘膜に龍涎香オイル塗っておくと、痒みやクシャミ率がほぼ無くなり、とても快適にお出掛け出来たのも嬉しい結果でした!!

❹ 何も塗らずに過ごす日は?

忘れもしない‥‥実験のつもりはなく、本当にうっかりミスで塗らずに外出してしまった日の出来事です。

ある晴れた日に慌てていて珍しく、朝に龍涎香オイルも・他の美容液も一切塗らずに外出してしまいました。
ハッ!と気づいたときには、肌(顔)の痒み・鼻や耳のムズムズ・クシャミの症状が酷く、とにかく痒くてツラい

試しに、たまたま鞄に入れていた、ただのシアバターのクリームを塗ってみたのですが、痒みで荒れたカサカサ肌に潤いは与えられるものの‥‥痒みには効かず、外出中ずーっとかゆみに悩まされ続けました。トホホ。

かゆい

「龍涎香」が配合されているか・否かで、こんなにも痒み感が違うのか!と、自分でも驚きの衝撃結果でした。

これらの検証実験により、

かゆいと感じた時に龍涎香入りオイルを塗布すると、痒みがスーッと収まるのが早いこと。

◉そして、かゆみが出る前に:出やすい箇所へと、事前に塗布しておくのも、痒さ感覚を抑えられる


以上から、龍涎香が本当にかゆみ肌にイイんだ!と分かってきました。

と、なると!肌に潤いも得られて、気分良く過ごせるならば毎日、龍涎香入りオイルを使わない手はありませんね♪

かゆみ肌のお手当にオススメ!龍涎香オイル2種類

今回は、かゆみ肌のお手当に使いやすい、バリバリー龍涎香入りのオイルシリーズをご紹介します。

お母さんのためのくじらオイル

お母さんのためのくじらオイル

お母さんのためのくじらオイル 30ml6,800円(税込)

このアイテムは、マッサージオイルとして最高の濃度に仕上げてあります。つまり、かゆみ肌ケアにはバッチリな一品!

「お母さんの~」と製品名はなっていますが、その由来は‥‥バリバリー代表のよっしーが、長寿の薬としても使われてきた龍涎香を、手の動きが遅くなってきた『お母さんの手に塗ってあげたいな~』と思ったことから生まれたのが、製品化の原点。

そこから、より肌馴染み良く・塗ってあげるのに最適な濃度を割り出して作られたのが、この「お母さんのためのくじらオイル」なのです。

こちらの記事もご参照ください。
◾︎ 幻の媚薬オイル【龍涎香】感想~母に塗ってみたら、、、
◾︎ お母さん用オイル作成中~働きかける深さと濃度決定~

この製品は、かゆみケア・美肌ケアとして、女性はもちろん、男性のお肌にもすごくオススメです
というのも実際に男性である:バリバリー代表のよっしーが、冬場に顔に塗り続けて使っていたら、肌艶が良くなってきた!という変化体験も得ています。

幻の媚薬オイル

幻の媚薬オイル

幻の媚薬オイル(非加熱の香り) 20ml14,300円(税込)

お母さんのためのくじらオイルの元になった商品。
その名のとおり、より媚薬感あふれる濃厚な香りと濃度です。

非加熱の「バニラオイル」と「トンカビーンズ」のオイルが配合されているので、龍涎香が加わることで更に甘さが際立つ香りになっています。

トンカビーンだけの香りって、触れたことがない/イメージしにくい、と思う人も多いかもしれませんね。”桜餅のような匂い” をイメージしてもらうと、ピッタリです。

こうして絶妙なブレンドで仕上がったオイルは、とろ~んッと恍惚感と安心感を感じられるような、なんともいえない魔法のような香りとエネルギーなのです。

まとめ かゆみのイライラからの解放

いかがでしたでしょうか。

私自身は、冬の間の不摂生を自覚しつつ(苦笑)迎えた春に、案の定:花粉症状を強く感じて、思わぬ流れでイイ実験体となりました。

おぉ!と感じてハマり始めると、どーっぷり研究したくなる性に 熱くスイッチが入り。色んな状況で、龍涎香オイルが実際に “かゆみに効くのか” 検証実験しまくり!!
楽しく、奥深い一ヶ月間でした。

昔から敏感肌で悩んできた私自身の体験談からも、バリバリーの龍涎香でお肌のケアをする喜びは、本当にオススメ出来ます

なお、私のように自分で好きな配合で龍涎香オイルを作りたーい♪という人や、ご自身での化粧品作りがお好きな方には、アンバーグリス・チンクチャー」のエンシェントホワイト と ナチュラルブラウンがおすすめ!

アンバーグリス・チンクチャー

他のフレグランス製品に比べて高額に思えますが、例えば10mlのオイルに ほんの数滴を加え混ぜるだけで、龍涎香の深いエネルギーと成分がカラダへと沁み渡るので、この1本で長ぁ~く活用することが出来ますよ

ぜひ皆さまも、龍涎香オイルシリーズをお手に取って、その深く肌に浸透して潤い、かゆみから解放される快適な心地よさを味わってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました