媚薬?アンチエイジング? 科学的に明らかになってきた龍涎香の効果・効能

龍涎香

マッコウクジラからとれる貴重な香料「龍涎香」は、古くから媚薬として珍重され、気つけ薬巡りを良くする漢方薬として使われてきました

医師であり、占星術師でもあったノストラダムスは

龍涎香は重要な成分の1つで、この香に匹敵するものは無く、それは大いなる喜びをもたらし、充分な価値がある。 〜中略〜

(龍涎香を含んだ)この香油の素晴らしい芳香は、世界中のどこにも存在しない、いかなる医師でも処方できないだろう」

森井啓二.『新 臨床家のためのホメオパシー マテリアメディカ 上』.きれい・ねっと,2020,147p

という言葉を残しています。

脳、心臓や神経に良く、老人のあらゆる症状に効く万病薬ともいわれる龍涎香。
最新の研究では、骨代謝改善・アルツハイマーの予防薬となる可能性も出てきたとか…?

今回は、龍涎香の主成分であるアンブレインの効果・効能をメインにまとめてみました。

媚薬効果

媚薬(びやく、英語:aphrodisiac)とは、主に性欲を高めさせたり、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。惚れ薬とも称される。

引用:媚薬(Wikipedia)

アンブレインをラットに用いた実験では、性行動の増加が報告されており、アラブ諸国では化学合成されたアンブレイン媚薬として売られているとの噂も…?

バリバリーで制作している「【龍涎香】幻の媚薬オイル(非加熱の香り)」を使用された方々からは、以下のようなご感想が届いております。

アンバーグリス(龍涎香)の体を緩める効果はすごいね‥‥。

化粧品をつけるの、あんまり好きじゃないんだけど。
例のアンバーグリス入りのオイルは考えたら、ちゃんと毎日あっちこっちに塗りまくってて、手荒れも最小だし。
凝っていることろにも塗ってると、なんか身体が保っている気がするのです。すごいな、と。

幻の媚薬オイル【龍涎香】お客様からのご感想12 やっぱりすごいです

「毎日顔のお手入れで媚薬オイル使ってるのだけど、なんか胸が大きくなってきたのだよね、このオイル以外考えられないのだけど、どうなのかなぁ(笑)」

幻の媚薬オイル【龍涎香】お客様からのご感想13 胸が大きく?

「あぁんっ何これ凄いっ…♡なんでこんな事するんですかっ…♡♡」
タントリックヒーリング中に、お客様から頂いたお言葉。( ̄∇ ̄)笑

ってか、ヒーリング中に初めて媚薬オイルを使ったんですが!
媚薬が!媚薬が!!ゴイスーー!!!!
1人痙攣するんじゃないかぐらい喘いでて、ちょっと心配になったわ(笑)

幻の媚薬オイル【龍涎香】お客様からのご感想14 あぁんっ何これ凄いっ…♡


他にも、「(オイルを使用するセラピスト側に)安心して委ねられる感覚になった」や、「塗ったところがポカポカする」「緊張するとき、外出前につけると良いかも」といった、お声も頂戴しました。

幻の媚薬オイル

幻の媚薬オイル(非加熱の香り) 20ml:14,300円(税込)

また、龍涎香の香気成分であるテトラノルラブダンオキサイドについては、リラックス効果身に付けた人の表情が変化し、周囲の人は「親しみ」を感じるという効果が報告されています。

骨代謝改善・アルツハイマー病予防

こちらは、つい先日(2020年11月中旬)明らかになったばかりの効果です。

新潟大学・佐藤努教授をはじめとする共同研究グループにより、アンブレインに以下の作用があることがわかりました。

破⾻細胞の分化促進と、アミロイドβ誘導性神経細胞死の抑制という2つの新しい薬理活性を見いだしました。

今後、⾻代謝改善とアルツハイマー病予防に働く薬剤の開発につながる可能性があります。

出典:新潟大学 国立科学博物館
https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2020/11/201117rs.pdf

骨代謝改善

骨

体の中にある硬い骨。実は生まれ変わっていることをご存知でしたか?
”骨を壊す”破骨細胞と”骨を作る”骨芽細胞の働きにより、成人でも3年程のスパンで生まれ変わっています。

骨量が減り骨折しやすくなる「骨粗しょう症」は、破骨細胞の”暴走”カルシウム不足が原因といわれています。

また、破骨細胞はホルモンによって調節されており、ホルモンバランスが崩れると、過剰に骨を溶かしてしまうのだそうです。
女性は閉経後に骨が脆くなることが知られていますね。

龍涎香の主成分でもあるアンブレイン破骨細胞の分化を促進することにより、骨代謝の改善が期待できます。

アルツハイマー病の予防

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質が脳内に異常に蓄積し、神経細胞を死滅させることで発症すると考えられています。

しかし「なぜ脳内にタンパクが蓄積していくのか」はまだ解明されておらず、効果的な予防法や根本的な治療法は見つかっていません。

今回の研究によってアンブレインは、アミロイドβタンパクによる神経細胞の死滅を抑制することが明らかになり、アルツハイマー病の予防薬が開発される可能性も出てきました!

さらにはアンブレインの効率的な合成系が確立されたとのこと。
合成アンブレインが薬の原料として使われる日もそう遠くないかもしれません。

老化に伴う脳や神経、骨の不調…「アンブレイン」はこれらに働きかけるため、アンチエイジング効果があるといえそうです。
これからの研究にも期待したいですね。^ ^

バリバリーの【龍涎香】幻の媚薬オイル(非加熱の香り)は、こちらからお求めいただけます↗️


《参考サイト》

・アンブレイン(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/アンブレイン

・龍涎香(りゅうぜんこう)の香気成分にストレス軽減効果等を発見(カネボウ化粧品)
https://news.e-expo.net/release/2013/03/post-101-203.html/

・骨が生まれ変わるしくみ(雪印メグミルク)
https://www.meg-snow.com/hone-goodstory/knowledge/basic/

・アミロイドβとは〜アルツハイマー型認知症の原因を探る(認知症ねっと)
https://info.ninchisho.net/mci/k130

タイトルとURLをコピーしました